私学の学校教育の充実発展

平成30年度 神奈川県私立中学校・高等学校 振興大会

平成30年度の「神奈川県私立中学校・高等学校振興大会」が、私立中学高等学校協会・私学保護者会連合会主催、私学保護者会交流会の共催で開催されました。

開催の趣旨は、神奈川県私立中学校・高等学校のより一層の振興を期して「神奈川私学の決意と願い、及び努力を神奈川県民の皆さまにアピールする」ことを目的として、
(1)改正教育基本法及び私学振興助成法の精神を十分に反映した私学振興策の着実なる実施
(2)公私間の学費格差の是正や公私立学校の協調
(3)経常費補助(生徒一人当たりの単価)を国の財政措置額並の増額等を行政関係者及び議会関係者に要請
を参加者全員で確認しました。

当日は、神奈川県知事の黒岩祐治様、神奈川県私立学校審議会会長の牧島功様をはじめ来賓として多くの国会議員、県会議員をお迎えし、加盟校より理事長・校長・教職員及び保護者に参加していただき、1,000名以上の大会になりました。

神奈川県私立中学校・高等学校振興大会

実施日
平成30年10月15日(月)14:00~15:40
会場
パシフィコ横浜会議センターメインホール

神奈川県私立中学校・高等学校 振興大会
大会決議・保護者の願い

    

本日は、神奈川県知事黒岩祐治様をはじめ、国会並びに神奈川県議会の議員の皆様には、お忙しい中をご臨席賜りまして、誠にありがとうございます。
日頃から、私どもの子どもたちが学ぶ私立学校教育の振興発展にお力添えをいただき、心から感謝申しあげます。

さて、現在、私立学校とそこに学ぶ子どもたちを取り巻く環境は、さまざまな課題を抱えております。そうした中で私どもが私立学校の保護者として切に望みますことは、何よりも「子どもたちが安心して学ぶことのできる、充実した教育環境の整備」でございます。

もとより、わが国の将来や神奈川県の郷土発展のために、子どもたち一人ひとりが立派に成長し、社会の役割を担えるよう育てることは、私ども保護者の責任でございます。一方、私立学校の保護者として何よりも第一に望みますことは、子どもたちのそれぞれが自分の能力や希望に応じて、自ら選択した学校で充実した教育が受けられることでございます。

私ども保護者は、様々ある学校の選択肢の中から、私学の独自の教育方針に賛同し、子どもに良かれと考え、私学に学ばせております。しかし、経済的にゆとりのある家庭ばかりではございません。是非とも家庭の経済状況により自由な学校選択が妨げられることのないよう、私立学校保護者への更なる学費負担の軽減、ならびに就学支援金の拡充をお願いしたいと思います。

そして同時に、これまで以上により良い教育が受けられるために、私学への経常費助成の増額を望んでおります。私立学校に学ぶ子どもたちの教育環境を整備するためには、何よりも経常費補助が増額されることが必要不可欠なことと考えております。よろしくお願いいたします。

本日、私立学校関係者並びに私ども保護者は、私立学校に学ぶ子どもたちの教育環境の一層の改善・充実と私立学校保護者の学費負担軽減のために、次の三点について決議し、ここにその速やかな実現を望みます。ご臨席の議員の皆様方におかれましては、何とぞご指導とお力添えをよろしくお願い申し上げます。

一つ 私立中学校・高等学校の経常費補助に対する補助率2分の1の継続と、補助単価の充実・増額
一つ 保護者負担教育費の公立と私立学校間の格差是正と負担の軽減
一つ 私立高等学校等の全施設の耐震化に向けた国公立学校と同等の財政支援の拡充と実施

以上でございます。

平成30年10月15日
神奈川県私学保護者会連合会 代表
鎌倉学園PTA顧問  赤松 育子